2006年06月18日

ヒディング・マジック?

ヒディング・マジック

日本対オーストラリア戦の結果を受けて、ヒディングマジックとか各国のマスコミは賞賛していましたが、たいした采配していないじゃんと思っています。後半の途中から攻撃的な選手をたて続けに投入してきましたが、これってすごいギャンブルじゃないですか。普通の決定力が日本にあったら、日本のぼろ勝ちだったわけですから。どうせなら、攻め合いに持ち込んで欲しかったです。

必要以上にヒディングを恐れすぎていたのが、敗因ではないでしょうか?
posted by 夏山かずみ at 18:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19468028
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。