2006年05月14日

キリンカップ スコットランド戦

スコットランド戦は0対0のドロー。キリンカップは1位スコットランド、2位ブルガリア、3位日本の燦々たる結果に終わりました。

この3国で、ワールドカップの本戦に出場するのは日本だけですから、恥ずかしいですね。日本はベストメンバーではありませんでしたが、それは他のチームも同じだったので、言い訳にはなりませんし、ホームでの試合です。少なくても1試合くらい勝って欲しかったと思います。

さて、試合の内容ですが、両チームともにGKがよかったと思います。川口は苦手のハイボールにも対応できていたし、見ていて安定感がありました。また、DFも安心して見ていられました。中澤に交代して入った坪井が最高。やっぱスピードありますね。

しかし、FWがいまいちでした。スコットランドが引いていたこともあり、FWの得点チャンスもあまりなかったと思いますが、もう少し落ち着いて欲しいです。久保はコンディションがよくなかったみたいだし、玉田は裏を狙う動きが目立ちましたが、肝心のドリブルが死んでいました。

このゲームに出場した選手で、何人がワールドカップの本大会に出場できるかわかりませんが、選ばれたら全力を出して欲しいと思います。個人的には、巻を連れて行って欲しいですが。

posted by 夏山かずみ at 02:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。