2006年05月09日

キリンカップ ブルガリア戦

サッカー日本代表のブルガリア戦ですが、2対1で負けてしまいました。ブルガリアがベストメンバーではないと、ぶつぶつとマスコミが喚いていたので、恥ずかしいです。

さて、今回の試合ですが、ブルガリアの1点目は完全に崩されましたね。3バックは得意なはずではと信じていたので、不安になりました。ブルガリアの2点目は、確かセットプレーからだったと思います。こちらもおいおいという得点でした。

日本のディフェンダーに気迫が欠けているような印象を受けました。ワールドカップの行けるという安心感からでしょうか? しっかり身体を寄せて守って欲しいです。

反対に気迫に満ちていたのは、フォワードです。玉田もよかったし、巻もよかったです。巻は豊富な運動量に加えてゴールも決めましたし、いうことなしです。逆に、玉田は自らあれだけのチャンスを作っておきながら、ゴールが決まらないのはどうしてでしょうか。Jリーグでもあまり得点できていませんし。う〜ん。良い選手ですけどね。フォワードってポジションは難しいですね。どんなに良い動きをしても、得点を決めなければ認めてもらえません。
posted by 夏山かずみ at 22:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。