2006年03月30日

サッカー日本代表 エクアドル戦

1対0の勝利! 

ゴールは、途中出場の佐藤。アシストは三都主。二人ともJリーグで絶好調だから、今日の活躍は当然である。クラブチームで結果を残している選手を代表でも使うべきだと改めて思った(DFは別だけど)。

守備は安定していたので、今回は攻撃について述べたい。
久保と玉田の2トップは良かった。久保はコンディションさえ良くなれば、ワールドカップでも活躍できそうだ。一方の玉田。やっぱり日本代表にドリブラは必要と思わせるくらい動きが機敏だった。二人とも持ち味を十分に発揮していたので、関係者が言うように相性は最高だと思う。

ただ、この二人で得点できなかったのは残念である。敵のGKの好セーブがあったにせよ、決定的なチャンスを何度も潰したのは不安が残る。

とにかく二人は本番でも組む可能性が高い。ジーコはFWを同時に二人交代することが多いから、久保と玉田、高原と柳沢のセットになるんじゃないかなァ。





posted by 夏山かずみ at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。