2006年03月02日

サッカー日本代表、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦

サッカー日本代表のボスニア戦。
2対2のドロー。

まず、問題の守備。4バックの場合は、宮本より茂庭や田中の方が良いと思う。両サイドバックが上がることを考えて、センターの2人はマンマークに付ける選手にした方が守りが高くなる。宮本は、ラインコントロールやカバーリングの選手。3バックのセンターは、宮本しかいないと思うけどね。あと、左サイドバックのアレックスの守備は、ちょっと考えないと、ワールドカップ本番でもけちょんけちょんにされると思う。中田浩二とか、守備の得意な選手を使っても良いと思う。けれども、ジーコの好みだとアレックスなんだろうね。アレックスよ。開き直ってもっと攻撃するか!

次に、攻撃。中村俊輔はやっぱ核だね。今回も2アシスト。でも本戦では、一番マークされるだろうね。間違いない。やっぱ、中田ひでがキーマンになるかも。今回も得点決めたし、この人の底力は侮れないと思う。


posted by 夏山かずみ at 01:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。