2006年02月19日

サッカー日本代表 フィンランド戦

昨日は、勝ちましたね。2対0。

久保と小笠原のゴール。特に久保のゴールは、フォワードの決定力不足を払拭しました。ジーコや本人、サポータは、「やった!」という気持ちだったと思います。

試合全体的には、運動量の多い選手が目立ちました。右サイドの加地。左サイドの村井。フォワードの巻木。この3人は、テレビ観戦でも分かるくらいよく動いていました。動くとスペースができ、チャンスが生まれます。フィンランド戦は、まさに好例だと思います。

日本代表の場合は、中村や小野、中田、小笠原、遠藤、阿部とテクニックがあってパスを出すことを得意としている選手が多いので、この3人の活躍は貴重です。動く選手は本番のワールドカップでも、外さないで欲しいと思います。


インド戦も期待します。

※それにしても巻はいい選手ですね。長身で選ぶんだったら、平山を使え!と思っていたんだけど、気が変わりました。
posted by 夏山かずみ at 03:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13443398
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。