2015年07月29日

中高生使用率No.1のサッカーボールはこれだ!




実をいうと、このブログ何年も更新していなかったんだけど、たまにアクセスもらっていました。
で、感謝の気持ちを込めて、思い切って更新します。
実はサッカーボールは、どこが優れているのか分かりません。


でも、このサッカーボールは、中高生が一番使用しているようです。
奴らは無茶苦茶練習するから、安くて丈夫だと思います。



ペレーダPF405の後継モデル
5000円以上で送料無料 サッカーボール5号球
※5000円以上の送料無料なんで2個買いましょう !

⇒ ペレーダサッカーボール購入はこちらへ
posted by 夏山かずみ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

ヒディング・マジック?

ヒディング・マジック

日本対オーストラリア戦の結果を受けて、ヒディングマジックとか各国のマスコミは賞賛していましたが、たいした采配していないじゃんと思っています。後半の途中から攻撃的な選手をたて続けに投入してきましたが、これってすごいギャンブルじゃないですか。普通の決定力が日本にあったら、日本のぼろ勝ちだったわけですから。どうせなら、攻め合いに持ち込んで欲しかったです。

必要以上にヒディングを恐れすぎていたのが、敗因ではないでしょうか?
posted by 夏山かずみ at 18:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー、日本対オーストラリア線

ドイツワールドカップ。日本対オーストラリア戦。

結果は1対3。あまりにもショックでブログを更新できませんでした。
残念でなりません。

さて、試合の内容ですが、前半に中村俊輔がフリーキックからゴール。ラッキーなゴールでしたね。このゴールは別の審判だったら、キーパーチャージで反則を取られてもおかしくありませんでした。実際、この審判はこのときのミスジャッジを認めていました。

その後、川口の好セーブもあって後半残り9分で日本の守備が崩壊。3点も入れられ撃沈しました。確か、1点返されたとき、駒野が相手のペナルティエリア内で倒されましたよね。あれがPKだったら、結果はどうなっていたか分からなかったと思います。


後半途中から柳沢と小野が後半に投入されてから、流れが完全にオーストラリアに変わったって感じですね。ゲームをテレビを観戦しながら、なんで小野を入れるんだよと毒づいていました。ジーコは、押し込まれていたから中盤でボールを落ち着かせたかったみたいですが、結果的にこれが悪かったと思います。僕が監督ならば、前掛りになっている敵の背後を突くために、足の速い玉田を使っていたと思います。まあ、結果論ですから。
posted by 夏山かずみ at 18:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

ドイツワールドカップ メンバー大決定!

GK:川口能活、楢崎正剛、土肥洋、
DF:宮本恒靖、中澤佑二、田中誠、中田浩二、坪井慶介、加地亮、駒野友一、  三都主アレサンドロ

MF:中田英寿、中村俊輔、福西崇史、小笠原満男、稲本潤一、
  小野伸二、遠藤保仁

FW:高原直泰、柳沢敦、玉田圭司、大黒将志、巻誠一郎

今回のサプライズは巻だね。ぼくも入れるべきだと思っていたので、
嬉しいです。逆に、残念だったのは、松井と久保。久保は軸だと思っていたので、びっくりしました。

うーん。
posted by 夏山かずみ at 21:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

キリンカップ スコットランド戦

スコットランド戦は0対0のドロー。キリンカップは1位スコットランド、2位ブルガリア、3位日本の燦々たる結果に終わりました。

この3国で、ワールドカップの本戦に出場するのは日本だけですから、恥ずかしいですね。日本はベストメンバーではありませんでしたが、それは他のチームも同じだったので、言い訳にはなりませんし、ホームでの試合です。少なくても1試合くらい勝って欲しかったと思います。

さて、試合の内容ですが、両チームともにGKがよかったと思います。川口は苦手のハイボールにも対応できていたし、見ていて安定感がありました。また、DFも安心して見ていられました。中澤に交代して入った坪井が最高。やっぱスピードありますね。

しかし、FWがいまいちでした。スコットランドが引いていたこともあり、FWの得点チャンスもあまりなかったと思いますが、もう少し落ち着いて欲しいです。久保はコンディションがよくなかったみたいだし、玉田は裏を狙う動きが目立ちましたが、肝心のドリブルが死んでいました。

このゲームに出場した選手で、何人がワールドカップの本大会に出場できるかわかりませんが、選ばれたら全力を出して欲しいと思います。個人的には、巻を連れて行って欲しいですが。

posted by 夏山かずみ at 02:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

キリンカップ ブルガリア戦

サッカー日本代表のブルガリア戦ですが、2対1で負けてしまいました。ブルガリアがベストメンバーではないと、ぶつぶつとマスコミが喚いていたので、恥ずかしいです。

さて、今回の試合ですが、ブルガリアの1点目は完全に崩されましたね。3バックは得意なはずではと信じていたので、不安になりました。ブルガリアの2点目は、確かセットプレーからだったと思います。こちらもおいおいという得点でした。

日本のディフェンダーに気迫が欠けているような印象を受けました。ワールドカップの行けるという安心感からでしょうか? しっかり身体を寄せて守って欲しいです。

反対に気迫に満ちていたのは、フォワードです。玉田もよかったし、巻もよかったです。巻は豊富な運動量に加えてゴールも決めましたし、いうことなしです。逆に、玉田は自らあれだけのチャンスを作っておきながら、ゴールが決まらないのはどうしてでしょうか。Jリーグでもあまり得点できていませんし。う〜ん。良い選手ですけどね。フォワードってポジションは難しいですね。どんなに良い動きをしても、得点を決めなければ認めてもらえません。
posted by 夏山かずみ at 22:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

大黒 ハットトリック!

フランス2部リーグ グルノーブルの大黒が対バスティア戦でハットトリックを決めた。

かずみは、このニュースを聞いて正直ほっとした。だって、フランスに渡ってから大黒はほとんどゴールを決めていなかったから。

本人も結構辛かったと思うね。日本でそこそこ活躍していたときに海外へ移籍し、思うように点が取れない試合が続いたからさ。「俺はこんな大事な時期にどうして海外に移籍したんだ」と後悔したこともあったと思うよ。


改めて海外で、日本のサッカー選手が活躍するコツは忍耐だと思った。波に乗ることが大事だから、どんどんゴールを決めて、ワールドカップに望んで欲しいと思う。
posted by 夏山かずみ at 23:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

サッカー日本代表 エクアドル戦

1対0の勝利! 

ゴールは、途中出場の佐藤。アシストは三都主。二人ともJリーグで絶好調だから、今日の活躍は当然である。クラブチームで結果を残している選手を代表でも使うべきだと改めて思った(DFは別だけど)。

守備は安定していたので、今回は攻撃について述べたい。
久保と玉田の2トップは良かった。久保はコンディションさえ良くなれば、ワールドカップでも活躍できそうだ。一方の玉田。やっぱり日本代表にドリブラは必要と思わせるくらい動きが機敏だった。二人とも持ち味を十分に発揮していたので、関係者が言うように相性は最高だと思う。

ただ、この二人で得点できなかったのは残念である。敵のGKの好セーブがあったにせよ、決定的なチャンスを何度も潰したのは不安が残る。

とにかく二人は本番でも組む可能性が高い。ジーコはFWを同時に二人交代することが多いから、久保と玉田、高原と柳沢のセットになるんじゃないかなァ。





posted by 夏山かずみ at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

衝撃! 柳沢ケガ

日本代表の柳沢敦が、右足を骨折した。全治2ヶ月という。

これは、かずみにとっても日本のサポータにとってもショッキングな出来事である。柳沢というフォワードは、調子の波が結構あって、調子の良いときは恐ろしい力を発揮する。ワールドカップで、大活躍する可能性もあったので残念だ。

柳沢本人にとっても、ワールドカップを視野に入れて、試合勘を取り戻すために出場機会の多い日本の鹿島に戻ってきたのに、怪我するのはあまりにも辛いことだと思う。

本番に間に合うかどうか、微妙だけど、できることはすべてやって欲しい。
posted by 夏山かずみ at 23:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

サッカー日本代表、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦

サッカー日本代表のボスニア戦。
2対2のドロー。

まず、問題の守備。4バックの場合は、宮本より茂庭や田中の方が良いと思う。両サイドバックが上がることを考えて、センターの2人はマンマークに付ける選手にした方が守りが高くなる。宮本は、ラインコントロールやカバーリングの選手。3バックのセンターは、宮本しかいないと思うけどね。あと、左サイドバックのアレックスの守備は、ちょっと考えないと、ワールドカップ本番でもけちょんけちょんにされると思う。中田浩二とか、守備の得意な選手を使っても良いと思う。けれども、ジーコの好みだとアレックスなんだろうね。アレックスよ。開き直ってもっと攻撃するか!

次に、攻撃。中村俊輔はやっぱ核だね。今回も2アシスト。でも本戦では、一番マークされるだろうね。間違いない。やっぱ、中田ひでがキーマンになるかも。今回も得点決めたし、この人の底力は侮れないと思う。


posted by 夏山かずみ at 01:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。